インプラント治療の流れ

インプラントでしっかり噛める白い歯を、なくした歯を取り戻そう。 義歯・入れ歯に変わる新しい歯の治療法インプラント。限りなく自然の歯に近い、機能性・審美性に優れたインプラント治療歯科医院を県別、市町村別に紹介しています。

  

それぞれの方の状態により様々ですが、概略的には以下のような流れです。

1. 精密検査
お口の状態を把握するため、レントゲン撮影をはじめ、歯肉の状態、咬み合わせの状態等様々な診査を行います。

2.治療の説明
検査結果から立案した治療計画を説明します。また、術後予想される状態(例えば、腫脹の有無、出血の程度など)を伝えます。

3.治療前の処置
不良な冠の除去や、咬み合わせを整える、また重度な歯周病の場合など、必要に応じて処置を行います。治療を安全かつ正確に行うための、第一段階の治療です。

4.インプラント埋入手術(1回目)
歯ぐきを開き、あごの骨にインプラントと同じ大きさの穴を形成します。しっかり固定するようにインプラントを入れ歯ぐきを閉じます。
(インプラントと骨が結合するまで数ヶ月待ちます。3〜6ヶ月)

5.2回目の手術
インプラントが骨と結合したら、人工歯を取り付けるための部品を連結し、歯ぐきから露出させます。
(1度の手術で行う方法もあります)

6.仮の歯の取り付け
口の中の型を取り、仮の歯を製作します。この時点で歯肉の状態と咬み合わせの状態をチェックし、良好な状態が得られるまで修正を繰り返します。

7.完成
残りの歯を含め、全体がバランス良く整った時点で、人工歯をインプラントに装着します。

8.インプラントのメインテナンス
それぞれのお口の状態に合わせて、1ヶ月から6ヶ月おきにチェックします。

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2005 あなたの町のインプラント歯科医院. All rights reserved

TOPへ インプラント治療 インプラント治療の流れ