インプラントの成功率と基準

インプラントでしっかり噛める白い歯を、なくした歯を取り戻そう。 義歯・入れ歯に変わる新しい歯の治療法インプラント。限りなく自然の歯に近い、機能性・審美性に優れたインプラント治療歯科医院を県別、市町村別に紹介しています。

  

世界のインプラント成功の基準は、10年以上機能したインプラントということになっています。
しかし、10年が過ぎたからといって機能しなくなるわけではありません。実際40年近く機能している例もたくさんあるのです。

【インプラントの成功率】
インプラントの成功率は、上顎で92〜94%、下顎で95〜98% と高水準です。 残りの数%は噛み合わせが強すぎた、歯磨きを怠ったなど、いろいろな原因により脱落したものです。
ただし、インプラントは抜けてしまってもやり直しが可能です。
重要なことは、医師が患者さんのことを考えてフォローすること、そして成功率を上げるのは、年2〜3回のメインテナンスを欠かさず受ける、日常のお手入れをきちんとする、という患者さんの意識がとても重要なことなのです。

【インプラントの成功の基準 】
1.インプラントは、患者と歯科医の両者が満足する、機能的ならびに審美的な上部構造をよく支持している。
2.インプラントに痛み、不快感、知覚の変化、感染の徴候などがない。
3.臨床的に診査するとき、個々の連結されていないインプラントは動揺しない。
4.機能下1年以降の経年的なインプラント周囲の垂直的骨吸収は0.2mm以下である。

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2005 あなたの町のインプラント歯科医院. All rights reserved

TOPへ インプラント基礎知識 インプラントの成功率と基準