インプラントとブリッジの違い

インプラントでしっかり噛める白い歯を、なくした歯を取り戻そう。 義歯・入れ歯に変わる新しい歯の治療法インプラント。限りなく自然の歯に近い、機能性・審美性に優れたインプラント治療歯科医院を県別、市町村別に紹介しています。

  

インプラント治療は歯を削る必要がありません。

歯を失った場合、両隣の残った歯を削り連結された冠を被せることによって、失った部分を補う「ブリッジ」と呼ばれる治療が行われます。失った部分には自分の歯に似せた歯が入るため違和感がありません。

しかし、残っている両隣の歯が健康な状態であっても、冠の厚み分だけ歯を削らなければ治療が行えません。失った歯を補うために両隣の歯の治療も必要となってしまいます。
また残った歯が失った歯の咬む力を負担するため、残った歯が負担過重となる場合があります。

インプラント治療を行う場合は、失った部位の骨を利用して治療が行われるため、両隣の歯を削って冠をかぶせる必要がありません。
また咬む力はインプラントを伝わり骨が負担するため、残りの歯が負担過重になることがありません。
このため、欠損部位を補う治療術式として高い評価を得ています。

 

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2005 あなたの町のインプラント歯科医院. All rights reserved

TOPへ インプラント インプラントとブリッジの違い