インプラント治療の歴史

インプラントでしっかり噛める白い歯を、なくした歯を取り戻そう。 義歯・入れ歯に変わる新しい歯の治療法インプラント。限りなく自然の歯に近い、機能性・審美性に優れたインプラント治療歯科医院を県別、市町村別に紹介しています。

  

1952年、スウェーデンのブローネマルク博士はある出来事によってオッセオインテグレーション(骨結合)を発見しました。

博士の研究チームが微少循環(血液の流れ)に関する研究を行っていたとき、治療の経過を観察するため、博士は動物の体内にチタン片を埋め込んでいました。
ところが驚いたことに、研究が終了したとき、このチタンがどうしても骨から取り外せなったのです。

ブローネマルク博士はこの現象に興味を持ち、その後13年間研究を重ね、チタンがある一定の条件で骨に埋入された場合、チタンに対する骨の拒否反応は全くといってよいほど起こらず、そればかりかチタンの表面を覆う酸素の膜を通して強い結合が生まれることを確信しました。

ブローネマルク博士はこれをオッセオインテグレーション(骨結合)と命名したのです。

そして1965年、初めて人工歯根としての臨床応用をスタートし、以来、最も信頼性の高い歯科インプラントとして世界中で使用されています。
数多くのインプラントシステムが臨床応用される様になった現在においても、インプラント治療で最も信頼性が高いインプラント治療の原点は、ブローネマルクシステムインプラントであるということが言えるでしょう。

ブローネマルクシステムのインプラント療法は、現在、30を越える国々で行われています。多くの患者さんが治療を受け、快適な生活を手に入れています。日本では1983年に初めて導入されました。
ブローネマルクシステムは世界各国でインプラント治療の代名詞として広く知られているのです。

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2005 あなたの町のインプラント歯科医院. All rights reserved

TOPへ インプラント基礎知識 インプラント治療の歴史