不正咬合(ふせいこうごう)

インプラントでしっかり噛める白い歯を、なくした歯を取り戻そう。 義歯・入れ歯に変わる新しい歯の治療法インプラント。限りなく自然の歯に近い、機能性・審美性に優れたインプラント治療歯科医院を県別、市町村別に紹介しています。

  

【不正咬合(ふせいこうごう)】

歯並びが良くないために上下の歯が正常にかみ合わない状態をいいます。

理想的なかみ合わせは、上あごの歯が下あごの歯にわずかに重なる状態です。正常なかみ合わせであれば、ものをかんでも歯にかかる圧が多くの歯に分散されるため、歯に過度の圧がかかることはありません。また歯が唇や頬、舌に触れることもありません。ところが、歯の位置がずれて上下の歯が正常にかみ合わないと、かむときに数本の歯だけに過度の圧がかかるため、歯が折れたり欠けたり、ぐらついたりする原因になります。

<治療方法>
不正咬合の矯正方法は、たくさんあります。
歯を正常なかみ合わせに直すために、歯面に歯科用接着剤で取りつけた留め金に、ワイヤとスプリングを通して歯に連結した、ブレースという歯列矯正器を歯に装着して、歯に弱い力を持続的に加えます。
また、ワイヤとプラスチック製プレートを組み合わせた、取り外し可能なブレースで、口蓋にパチッとはめるリテーナーが使用されます。
軽度な不正咬合の矯正には、口の外からはほとんど見えない矯正装置が使用されます。矯正装置で十分な効果が得られない場合は、あごの手術が必要になります。
他にも、矯正のために必要な歯を選んで削ったり、クラウンなどを使って高さを調節する方法があります。

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2005 あなたの町のインプラント歯科医院. All rights reserved

TOPへ 歯の病気 不正咬合(ふせいこうごう)