歯髄炎

インプラントでしっかり噛める白い歯を、なくした歯を取り戻そう。 義歯・入れ歯に変わる新しい歯の治療法インプラント。限りなく自然の歯に近い、機能性・審美性に優れたインプラント治療歯科医院を県別、市町村別に紹介しています。

  

【歯髄炎】

神経と血管が通っている歯の中心部の歯髄に起こる炎症で、激しい痛みを伴います。 歯髄炎の最も多い原因はむし歯です。炎症が軽い場合は、炎症が治まれば歯に恒久的なダメージを与えることはありませんが、重い場合は歯髄が壊死します。

歯髄炎は、歯に激痛を引き起こします。熱いものや冷たいものの刺激で、継続して痛みを感じたり、自然に痛みだすときは、歯髄はすでに手遅れ状態になっているおそれがあります。
また、歯の上を軽くたたいて痛み(打痛)がある場合、多くは炎症が周辺組織にまで広がっています。

<治療方法>
初期段階であれば、歯髄炎が起きている歯に鎮静薬を含む物質を一時的に詰めて、痛みを鎮めることができます。この詰めものは、6〜8週間歯に詰めたままにしておいてから取り出され、代わりに最終的な充てん材が詰められますが、即時に詰めることもよくあります。

歯髄の損傷が大きく回復不可能な場合は、痛みを止める最後の手段として、根管治療または抜歯によって歯髄が抜き取られます。

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2005 あなたの町のインプラント歯科医院. All rights reserved

TOPへ 歯の病気 歯髄炎