虫歯

インプラントでしっかり噛める白い歯を、なくした歯を取り戻そう。 義歯・入れ歯に変わる新しい歯の治療法インプラント。限りなく自然の歯に近い、機能性・審美性に優れたインプラント治療歯科医院を県別、市町村別に紹介しています。

  

【虫歯】
虫歯はエナメル質が溶かされるC1から始まります。が、C0と呼ばれる歯が白濁した状態の虫歯予備軍の段階もあります。

・C1:エナメル質が侵される
表面のエナメル質が溶けはじめた初期の虫歯。
痛みほとんどありませんが、熱いものや冷たいものがしみることがあります。
<治療方法>この段階では、虫歯を削って修復材を詰めるという比較的簡単な治療で済みます。

・C2:象牙質まで侵される
虫歯が進み象牙質に達しています。象牙質はエナメル質と比べて柔らかいため進行が早く、穴が歯髄に近づくにつれ冷水や冷気がしみるようになります。
<治療方法>C1とほぼ同じですが、歯髄を守るための処置をすることがあります。

・C3:歯髄まで侵される
虫歯が歯髄まで達していて、大きな穴があきます。歯髄が炎症を起こしているため痛みが激しく、炎症が進行すると歯髄が死んで しまいます。
<治療方法>歯髄を抜いてクラウンなどをかぶせます。場合によっては歯髄を抜かずに治療することもあります。

・C4:歯冠部がほぼ侵される
歯冠部がほとんどなくなり、根だけが残っている状態。歯髄が死んで いると痛みはありませんが、根が化膿して(歯膜炎)うみが出たり、腫れたりします。
<治療方法>根が化膿していれば抜歯することもあります。しかし、根がしっかりして いれば、根管治療をしてクラウンを かぶせます。

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2005 あなたの町のインプラント歯科医院. All rights reserved

TOPへ 歯の病気 虫歯