1回法と2回法の違い

インプラントでしっかり噛める白い歯を、なくした歯を取り戻そう。 義歯・入れ歯に変わる新しい歯の治療法インプラント。限りなく自然の歯に近い、機能性・審美性に優れたインプラント治療歯科医院を県別、市町村別に紹介しています。

  

インプラント治療には、1回法と2回法という二種類の方法があります。

【1回法】

インプラントを顎骨に挿入後、口腔内に露出させる方法です。1回の手術でインプラントの埋め込みから仮歯の装着までを終らせてしまいます。
手術が1回で済むので、負担にはなりにくいのですが、骨の高さや厚さが不足している場合には、感染のリスクが高くなります。骨が十分あるかた向けの治療法と言えます。


【2回法】

インプラントを埋め込んだ後、歯ぐきを閉じ、インプラントと骨がつくのを待ってから、もう一度歯ぐきを切開して、人工の歯と連結するアバットメントを取り付けるという方法です。
手間はかかりますが、感染のリスクも少なく安全な方法と言えます。骨が足りない方や、前歯など審美性にこだわる方には、2回法が向いているといえます。
インプラント本体を、数ヶ月間、粘膜の下に荷重をかけずにおいて置く事により、骨とより強固に結合することができるため、2回法の方が成功率が高いといわれます。

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2005 あなたの町のインプラント歯科医院. All rights reserved

TOPへ インプラント治療 1回法と2回法の違い